社会経験をするなら新人を大切にする職場

私は蒲田駅の近くでパチンコ屋のアルバイトをしていました。大学3年生のときに初めてパチンコ屋で始めたのですが、最初はパチンコもしたことなかったのに、今思えばよく応募したなと思いますし、採用する方もよく採用したなと思います。その頃、ちょうど友達と卒業旅行はヨーロッパに行こうと話をしていたので、私はどうしてもお金を稼がなくてはいけなかったのです。未経験ながらも時給の高いパチンコ屋に思い切って応募しました。
幸いの事ながら、ちょうど人手不足だったのか、未経験の私でも採用していただきました。本当にパチンコなど一度もしたことがなかったので、最初は全然意味がわかりませんでした。「確変だったらこの札で、単発だったらこの札をさして」と教えられても何がなにやらさっぱり分かりませんでした。フリーターが多い職場では大学生は冷ややかな目で見られるという経験をしていた私は、このときも「あー、やばいな」と思いましたが、そのパチンコ屋の職場の人はみんないい人で、こんな何も知らない私にも丁寧に教えてくれました。
入って1週間ほどでお客さんの打っている台を見ていてだんだんと仕組みが分かるようになりました。それまでずっと私の横に先輩のバイトの人がついて見てくれていました。本当に新人を大切にしてくれる職場だなと私は感動しました。学校を卒業するまでの単発のバイトではありましたが、丁寧に教えてもらった恩返しと思い、私はその店で一生懸命働きました。人を使う立場の人が立派な人だと下の従業員も一生懸命働くのだと思います。
一口に求人といっても、求人票に書かれていない人間味とかも大事ですよね。単発のアルバイトとはいえ、そういった面も重視してみるのがいいでしょう。